バイト 体験談

学生時代の選挙前の世論調査員&出口調査電話受け係

学生時代に、某テレビ局の選挙前の世論調査員&出口調査電話受け係りをしたことがあります。
世論調査員は、自宅の近所(同じ校区内)のピックアップされたお宅を訪問し、質問内容に答えてもらい、それを集計するという仕事でした。

 

「そんな調査に賛同してくれる人っているのかな〜?」「帰れって追い返されるんじゃ……」と不安に思っていましたが、実際に訪問するのは、テレビ局側が事前に電話でアポをとりOKが出たお宅のみ、だったので、訪問すると「よく来たね」と迎え入れてくれるところがほとんどでした。

 

私は10件ほど回りましたが、どのお宅でも丁寧に対応してもらい、全てこころよく回答いただけました。
そして、その後の出口調査電話受け係りは、本当に簡単な仕事でした。

 

他の学生が出口調査した結果を電話で受け、内容を間違いなく書き止め、テレビ局の社員に報告すればいいだけ、というものでした。

 

>>年末年始短期バイト

 

この二つの仕事でたしか1万円ずつの収入になったと思います。
こういう仕事は信用が第一なので、この大学のこのサークルに依頼する、という決まりがあるようでした。
私は偶然、そういうサークルで活動していたので、仕事をいただくことができました。

 

楽で楽しく、お給料も良い仕事でした。